Blog

トリートメント97%の縮毛矯正(デジタルパーマ・ストレート)に用いる【GRATS】(グラッツ)の特徴・使い方とは。#横浜#鶴ヶ峰#美容室#サロン#パイモア

こんにちは

Mereve.Nの縮毛職人

阿武隈川です。

おはじめての方はこちらをご覧ください。

■トリートメント97%縮毛矯正の薬剤について

当社の代名詞であり、大人気のトリートメント97%縮毛矯正。

商材としては、美容メーカーのパイモア社の【GRATS】(グラッツ)というものを使用しています。

●新還元剤(パーマ液)の”GMT”と”スピエラ”を使用

トリートメントを97%も含んでいるのに縮毛矯正がしっかりと作用する秘訣は、この新しいパーマ液であるGMTとスピエラにあります。

分子構造が特殊になっており、少しの隙間から髪の毛へと浸透してくれることが特徴になっています。

 

●弱酸性領域で作用するのでダメージが少ない

髪の毛におけるダメージの原因を以前お伝えしましたが、

髪の毛への1番のダメージは、美容室における薬剤でのアルカリダメージになります。

 

縮毛矯正の原理はこちらですが、

髪の毛を柔らかくする時に必要なアルカリ剤ですが、GRATSではアルカリ剤を0~微量で縮毛矯正が可能になるため、ダメージがとても少なくなることが特徴です。

そして、それを可能にしている成分がGMTとスピエラです。

 

●トリートメントをベースに還元剤(パーマ液)を配合していく

C-0は完全なトリートメントになっているので、ダメージが全く起きません。

C-2.8は微量のアルカリを含んだトリートメントになっており、少し髪の毛が頑丈な方やカラーなどをしたことがない方に使用していきます。

 

●グラッツでの縮毛矯正の1液の作り方・配合方法

①トリートメントを使用量出す

先ほどのC-0もしくはC-2.8のトリートメントをお客様の髪質に合わせて使用します。

例 60g

②GMTかスピエラを10%配合

先ほどのGMTもしくはスピエラを10%配合します。

例 6g

③毛髪補修トリートメントを配合(+¥1000)

縮毛矯正と相性の良い、+¥1000の毛髪補修トリートメントを10%配合します

例 6g

④消臭トリートメントを配合

最後にパーマ液の嫌な臭いを抑えてくれて、薬剤ダメージを減らしてくれるトリートメントを

パーマ液が3%になるまで配合します。

 

このように、お客様の髪質に合わせて

①のトリートメントのアルカリ量を調整し、

②の還元剤を髪質に合わせて調整することで

お客様1人1人に合わせたオーダーメイドの薬剤をつくることで最小限のダメージで縮毛矯正が可能になります。

■トリートメント97%縮毛矯正のアイロン方法について

●ウエットアイロン(水抜きアイロン)技法

トリートメント97%の薬剤を使用するグラッツでは、薬剤のダメージを最小限に抑えているため、アイロンの技法がとても難しくなります。

通常、高温になるストレートアイロンは乾いている髪の毛にしか使用してはいけませんが、

トリートメント97%の薬剤を使用している場合はアルカリ剤を微量しか加えていないため濡れている状態でのアイロンが必要になります。

 

濡れている状態と言っても半分しか乾いていない状態でアイロンを入れてしまうと大ダメージなってしまうので、7~8割ぐらいの湿っている状態でのアイロン操作が理想になってきます。

ハイダメージの髪の毛には9割ぐらい乾いている状態が理想であったりと、髪質と髪の毛の水分量を考慮したアイロン操作が必要になってきます。

 

これらを全て考慮することで、ウエットな状態でのアイロン操作でもダメージを限りなく少なく抑えることが出来ます。

またメリットとして

・水分を飛ばしすぎないことで、潤いのキープ
・熱を与えすぎないことで、髪の毛の柔らかさをキープ
・乾かしながら形を作ることで、自然な内巻きを作りやすい

ということにもつながってきます。

■トリートメント97%縮毛矯正の仕上がり事例

このようにトリートメント97%のダメージを最小限に抑えた薬剤でも、

強い癖毛~ダメージ毛まで幅広く対応出来るので

ぜひお試しください。

 

ハイダメージで縮毛矯正をお断りされてしまった方は、こちらの

髪質改善ストレートのご用意もありますので(Mereve.Nのみ)、くせ毛にお悩みの方はぜひご相談ください!

 

Mereve(メリーヴ),Mereve.N(メリーブエヌ)

おはじめての方はこちら→縮毛職人 阿武隈川弘

アブログ→https://abukumagawa.com

天王町/西横浜/保土ヶ谷/鶴ヶ峰/二俣川/相鉄線/美容室/美容院/ヘアサロン

関連記事