Blog

【まとめ】縮毛矯正をかけた後のお手入れ・ケア方法。髪の毛を結ぶ・くくるのはいつから?#横浜#鶴ヶ峰#美容室

こんにちは

Mereve.Nの縮毛職人

阿武隈川です。

おはじめての方はこちらをご覧ください。

■縮毛矯正をかけてから気を付ける期間

縮毛矯正のわかりやすいメカニズムとしては

こちらに参照していますが、縮毛矯正は髪の毛を形を変えるために、髪の毛にとって非常に繊細なことをしています。

完璧な縮毛矯正を施した場合は以下のNG行為をしても大体は大丈夫なのですが、

縮毛矯正は美容室の中で

・1番のお悩み対策の施術
・1番難しい施術
・1番高価な施術

でもあるので、やはり成功率を上げるためにも縮毛矯正後のお客様によるホームケアも重要になってきます。

縮毛矯正後の気を付けていただきたい期間は、約1週間。

1週間は以下のことに気を付けて頂けたら嬉しく思います。

■縮毛矯正をかけた後にしてはいけないこと

●髪の毛を結ぶ・耳にかける

縮毛矯正は形を変えるという複雑なことをしています。

ストレートの新しい形をつくった1週間以内に結んだり耳に髪の毛をかけることで、結びグセや耳にかけたクセがついてしまいます。

ただし、お仕事の関係上どうしても結ばなくてはならない時もあるかと思います。

そのようなときは緩く結ぶ、後が付きづらいゴムなどを使用して対応していただけたらと思います。

 

●髪の毛を乾かさない

縮毛矯正では髪の毛の4つの結合のうち、3つの結合を切断→再結合ということを行っています。

そのうちの1つが髪が濡れたり乾いたりするときの結合である水素結合になります。(寝グセ直しと同じ理論)

縮毛矯正後でも自然乾燥だとキレイなストレートではなくなるので、その状態で過ごすことは縮毛矯正の仕上がりを台無しにしてしまう可能性がありますし、

濡れている状態で寝ることは髪の毛に最もダメージを与える行為・変な形がついてしまう行為になるので、縮毛矯正後のデリケートな髪の毛には特に絶対に避けて頂けたらと思います。

 

●市販のシャンプーを使用する

こちらに市販のシャンプーの特徴を記載していますが、

市販のシャンプーの特徴は、洗浄力が強すぎるということが挙げられます。

縮毛矯正はカラーリング以上にダメージを与える繊細な技術になるので、デリケートな髪の毛にパワーが強い市販のシャンプーは相性が悪いので出来れば美容室のシャンプーをご使用ください。

 

●縮毛矯正当日のシャンプーは避ける

特に縮毛矯正当日は1番髪の毛が不安定でデリケートな状態なのでシャンプーは避けていただきたいと思います。

どうしても気持ち悪い時には、シャンプーを使わずにお湯ですすぐことで汚れの7~8割は流せるので

お湯で流した後にトリートメントをして、すぐに乾かすように対応いただけたらと思います。

●コテ巻き・アレンジをする

これも上記の髪を結ぶ・耳にかけると同様で、縮毛矯正が完全に定着していない期間に違う形を付けないほうが無難です。

ただし、全体の縮毛矯正ではなく根元の伸びた分だけの縮毛矯正だった場合は毛先は巻くことが出来たりもするので、コテで巻きたい方などは担当スタイリストにご相談ください。

●髪の毛にダメージを与える

縮毛矯正に限らず、髪の毛にダメージがかかる=スタイルの持ちが悪くなる、とうことになります。

髪の毛は365日ダメージを受けやすいので

なるべくダメージの原因からダメージを受けないように対応いただけたらと思います。

 

お悩みを解決してくれる縮毛矯正なので、その成功率を上げるためにもお客様自身による正しいケアや努力をしていただくことで、一緒に素敵な髪質・髪型を育んでいけたら幸いです。

ぜひ参考にしてみてください!

 

Mereve(メリーヴ),Mereve.N(メリーブエヌ)

おはじめての方はこちら→縮毛職人 阿武隈川弘

アブログ→https://abukumagawa.com

天王町/西横浜/保土ヶ谷/鶴ヶ峰/二俣川/相鉄線/美容室/美容院/ヘアサロン

関連記事