Blog

ロングからミニボブにバッサリカット☆ヘアドネーション31センチ以下でも可能な送り先!

”365日美髪” 鶴ヶ峰美容室

Mereve.Nレセプション西薗です☆

OggiOttoの髪質改善で綺麗に
2年半伸ばしたロングヘアを
ミニボブにバッサリカットしました!!

今回カットをお願いしたのは、
ボブ・ショートが得意な楽髪師 檜山直輝!!

以前ブログを書いてくれてます↓↓

私は、
「毛量が多い、毛質が硬い、ハリが強く直毛」です。

【悩み】
・髪の毛が多い
・朝寝ぐせで広がる
・髪のハリが強くパツンとなりやすい

【希望】
・ふんわり軽くみせたい
・広がりづらくまとまるスタイル
・朝ヘアセット楽にしたい

【Before】

【After】

骨格補正カットで悩みに合わせて
希望のヘアスタイルにしてもらいました!

バッサリカットしただけの状態↓
量が多すぎて見事なおかっぱなってます。
この状態から希望の軽さを見せるカットを
するのは相当難しそうです。

ここから檜山カットをしてもらうと・・・

じゃん!
朝起きて、ブローとオイルだけでこの仕上がり!!
見た目も量も軽やかに!

そして嬉しかったのが、
自分に合ったヘアスタイルにしてもらい
周りに褒めてもらえる事です☆

切ってもらってよかったぁ!!

 

でもなぜ2年半も伸ばしたのかと言うと…

1つめは、OggiOttoの髪質改善トリートメントで綺麗な髪が維持できる。
2つめは、美意識が低かった私でもキレイなロングヘアになる事でお客様と共感できればと思っていた。
3つめは、ヘアドネーションで誰かの役に立ちたかった。

今回切ったキッカケは単純に切りたい!と
思ったのと、お客様にたくさん髪の毛を
褒めて頂いていて上記の
1,2は達成感があったので、
ヘアドネーションを調べてみると、
31センチ以下でも役に立つことが出来ると
知ったからです。

ヘアドネーション

ヘアドネーションHair Donation)とは、小児がん先天性脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛ウィッグを作り無償で提供する活動。
引用:Wikipedia

日本でもだんだん浸透してきてる
髪の毛の寄付です!

当店でも阿武隈川が個人ブログにしてます。

いくつかあるヘアドネーション団体のうち、
今回私が参加した団体はこちら

◆特定非営利活動法人 Japan Hair Donation & Charity

 

乾いた状態でカット(シャンプー後ドライもNG)

下記HPより引用。1番の注意点!!!

カットの前に、決して髪の毛を濡らさないでください!
必ず「シャンプー前のドネーションカット」でお願いします。
少しでも湿っていると雑菌が繁殖したりカビが生えたりして、ウィッグの素材として利用できなくなります。

シャンプー後に髪の毛をドライヤーで乾かしても、毛束の内部は湿っています。
湿った髪の毛は雑菌やカビが繁殖しやすく、他の方の髪の毛と混ざると全体がダメになってしまいます。せっかくの髪の毛をムダにしないために、必ず「シャンプー前のドネーションカット」をお守りください!

長さは31センチ以上

なぜ、31センチ以上必要なの?

『Onewig』は、メッシュ状のウィッグネットに、髪の毛を半分ほどの長さで折り返すようにして一本一本結びつける製法を採用しています。これによって抜けを低減し、さらに頭皮への刺激を減らすことができるのです。
この製法では、31cmの髪の毛は、およそ半分の長さ(15cm)のボブスタイルのウィッグに仕上がります。
皆さまが想像する以上に「長い髪」が必要なのです。
また、提供を待っている子どもたちの多くが「ロングヘアのウィッグ」を希望するため、髪の毛は長ければ長いほど貴重です。
JHD&Cがお願いする「31cm以上の長さ」には、こんな理由があるのです。

カラー、ブリーチ、パーマをしててもOK!

「カラーしてたらダメ、傷んでたらダメ」というイメージがありますが、引っ張って千切れるほどのハイダメージじゃなきゃOKみたいです!

31センチ以下は製作費になる

31cm未満でも、シャンプーやトリートメント剤、カラー剤の開発に不可欠な「評価毛」として、また美容師さんが練習で使うカットマネキンの素材として転売することで役立てています。これはウィッグ製作費の一部になります。

今回私は23センチだった為、こちらの寄付にあててもらうことにしました!

あれ、だいぶ長くなってしまった・・・

実際に切った様子と送り方は次回にします~☆

Mereve(メリーヴ),Mereve.N(メリーヴエヌ)

レセプション 西薗 愛

天王町/西横浜/保土ヶ谷/鶴ヶ峰/二俣川/相鉄線/美容室/美容院/ヘアサロン

関連記事