Blog

正しいシャンプーの仕方のコツって?女性におすすめの髪を綺麗に洗う方法や泡立て、予洗い・すすぎのやり方とは。動画付き

■シャンプーの目的

シャンプーの目的は、髪と頭皮の汚れをとることになります。

外部環境としては、チリ、ほこり、スタイリング剤など
内部環境としては、汗、皮脂、フケなど

があてはまり、

特に毛穴には汚れが蓄積しやすく臭ったり脱毛の原因にもなるので
頭皮と髪の健やかさをキープするためにも毎日のシャンプーは欠かせません。

※洗浄力の強い一般のシャンプー剤での毎日のシャンプーは皮脂を取りすぎることで、皮脂の過剰分泌を促してしまいます

■正しいシャンプーの選び方

毎日使うシャンプーは、ヘアケアの土台として最重要になってきます。

髪型をキープするため、キレイな髪質をキープするために正しいシャンプーは欠かすことが出来ません。

こちらに正しいシャンプーの選び方についてまとめているので、ぜひご参照ください。

■正しいシャンプーの方法

①予洗いをしっかりとする

シャンプー前の予洗いは、しっかりと頭皮をかきながら行います。

そうすることで、髪や頭皮の汚れの7割が落ちます。

残りの3割の汚れを落とすには洗浄力の優しいシャンプーで充分になるので、ぜひ美容室専売品のシャンプーをご使用ください。
(洗浄力の強い一般のシャンプーで過剰に汚れを落とすことは皮脂の過剰分泌につながり、衛生的にもヘアケアとしてもNGです)

※お湯の温度は38℃ぐらいのぬるめがおすすめです。40℃以上の熱いお湯は頭皮には熱すぎたり、髪が傷みやすくなったり、カラーの退色が早くなります。

②泡立てる

1、水気を切る

シャンプーを付ける前に、髪の毛の水分をとっていきます。

水分量は泡立てに密接に関わってきます。

 

2、シャンプーを適量、手に取って馴染ませる

ショート  1プッシュ~
ミディアム 2プッシュ~
セミロング 3プッシュ~
ロング   4プッシュ~

を目安にしてみてください。
(毛量により個人差がありますが、つけすぎもすすぎ残しになります)

3、頭皮付近からシャンプーをつけていく

つい毛先からシャンプーをつけてしまいがちですが、頭皮付近からシャンプーをしっかりと付けて髪全体へと伸ばしていきましょう。

4、泡立てる

泡=シャンプー×水×空気

で出来ています。

1で解説した通り、しっかりと水気をとっておかないとシャバシャバの泡になってしまい、もこもこの泡にはなりません。
2、3の通り適量を頭皮にしっかりとシャンプーを馴染ませ
動画のように空気をしっかりと含ませて、もこもこの泡を作りましょう。

泡立ち不足の状態でシャンプーをすることは、髪の毛へ大ダメージを与えてしまいます。

髪の毛は濡れている時にキューティクルという髪のバリアが開いてしまうため、非常にデリケートな状態になります。

泡立ち不足の状態でシャンプーをすることは、摩擦でキューティクルが剥がれてボロボロになり、

・内部の栄養の流出
・ツヤを損なう
・パサつき、まとまらない

などにつながるので、必ず泡立ててからシャンプーしましょう。

動画の最後のように、もこもこの泡は弾力があり、指で持つことが出来ます。

③泡と指の腹で優しくシャンプーをする

先程も説明した通り、既に7割の汚れは事前に落ちています。
美容室のシャンプーがしっかりと泡立ち、頭皮と髪についた時点で、全ての汚れは確実に落ちます

それよりもシャンプーでの摩擦により髪の毛に負担がかかってダメージをしてしまうことや
シャンプーによる皮脂を過剰に落とすことのほうが髪と頭皮に悪影響を与えてしまうので、
指の腹と泡を使って優しく1~2分ほど揉み洗いしていきましょう。

(美容室で施術するシャンプーはリラクゼーションも目的の1つとしています。ご自宅では揉み洗い程度で充分になります。)

④シャンプー後のすすぎに最も時間をかける

シャンプーで重要なことは、シャンプー後のすすぎです。

どんなに良いとされている美容室のシャンプーですら、頭皮や髪に残ってしまっては負担がかかってしまいます。

目安は3~5分ぐらいかけてしっかりとすすぎましょう。

※すすぐ時は①同様、頭皮をかきながらしっかりとすすぎましょう。特に後頭部の部分から下は髪の毛が多くすすぎ残しやすいので、しっかりとすすいでください。

➄トリートメントへ

トリートメントの正しい付け方はこちらをご参照ください。

【備考】シャンプーは夜1回だけ

上記のように美容室のシャンプーを使って正しいシャンプーの方法をしても頭皮を乾燥や紫外線から守ってくれる必要な皮脂もなくなってしまいます

この必要な皮脂が元通りになるまで約6時間が必要と言われています。

朝シャンプーをしてしまうと頭皮がノーガード状態となりダメージを負ってしまうので、シャンプーは必ず寝る前にしましょう。

そうすることで寝ている間に必要な皮脂が分泌されますし、寝ている間に成長ホルモンが分泌されてキレイな毛穴から健やかな髪の毛が育みます。

どうしても朝気持ち悪くてシャンプーをしたい場合は、
シャンプーを使わずにすすぎだけをしっかりとした後にトリートメントだけ使ってください。

 

ご自宅で正しいケアをして、キレイな髪の毛で人生がより豊かになることを願っております。

Mereve(メリーヴ),Mereve.N(メリーブエヌ)

天王町/西横浜/保土ヶ谷/鶴ヶ峰/二俣川/相鉄線/美容室/美容院/ヘアサロン

関連記事