Blog

天王町 相鉄線で食べ物が好きで食材にまでこだわる男の食通ブログその名も食べログ5

シャンパン編

 

今回の食べログは少し変化球でドリンクいきたいと思います!

もはや食べログじゃないじゃんという鋭いツッコミをヒシヒシと感じつつ、我が道をいきたいと思います!

そう、全ては食べログを楽しみにしてくれているコアなファンの方々のために!

PV数減ってたらドリンクシリーズ辞めます笑

今回はしかもお酒!

その中でもさとうもよく飲んでるシャンパンでいきたいと思います!

実は最近ハマっていて自分自身気になってたことなど、ネットや本からインプットしてすかさずみなさまにこのブログでアウトプットするという、最高に効率良いかつ最新の内容になっている一石二鳥なブログです!

しかもこのブログはいまジムのランニングマシンで有酸素運動を行うをしながら書いてるという、かなりストイックさが伺える回となっております笑

さっそくいきましょう!

1.スパークリングワインとシャンパンの違い

スパークリングワインとは発泡性ワインの総称で、シャンパンもスパークリングワインに含まれます!

各国の法律で、産地や製法、ぶどうの品種によるワインの名称の規制が決められ、シャンパンもフランスの法律で規定されています!

スパークリングワインの製法は、3種類!

1つ目は瓶内で発酵させるシャンパーニュ方式とも呼ばれるもの!

糖分と酵母を加えて、瓶内で時間をかけて発酵させ、熟成させることで、きめの細かい泡に!

2つ目は密閉耐圧タンクで発酵させるシャルマ方式と呼ばれるもの!

 

3つ目はワインに二酸化炭素を加えるもの!

比較的リーズナブルなスパークリングワインに用いられている方法です。

スパークリングワインの味わいは製法やぶどうの品種、産地の気候によって変わります!

では、スパークリングワインの中でも、シャンパンと言うには、フランスの法律によってどのように決められているのか!

2.シャンパンの条件

1.シャンパンの産地は、フランスのシャンパーニュ地方でつくられていること!

2.ぶどうの品種は、ピノ・ノワール、ムニエ、シャルドネのみ!

3.製法は、シャンパーニュ方式と呼ばれる瓶内で発酵させる自然な醸造法でつくられること!

厳密には使用されるぶどうの面積当たりの収穫高の制限や、醸造期間など細かな規定あり!

 

こうした全ての条件を満たしたスパークリングワインが品質検査に合格して、「シャンパーニュ(シャンパン)」と名乗ることができます!

見分け方として、シャンパンには「Champagne」のラベルが取り付けられていますので、ラベルの有無ですぐ判別できます!

3.シャンパンの知られていないスゴイ効果

1.飲むだけでアンチエイジング効果!

シャンパンには、植物性のポリフェノールが含まれていて、飲むだけで体内の抗酸化物質が無害化されて、アンチエイジングが期待できます!

2.心臓や血管を丈夫にしてくれる!

シャンパンに含まれるレスベラトロールという物質には、抗酸化作用や、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。さらに血管を整えて心臓を健康にしてくれます!

3.ワインやカクテルに比べてダイエットに効果的!

カロリーを比較するとワインは1杯約120キロカロリー、カクテルは約200キロカロリー、シャンパンはなんと1杯で80キロカロリーしかなくかなり低カロリー!

しかも炭酸が含まれているのでお腹が膨れ、食べ過ぎを防いでくれます!

他にも認知症を改善したり、記憶力アップ、脳の機能を高める効果もあるみたいです!

最後に、最近飲んだシャンパンをネットから抜粋させていただいたわかりやすい説明と共にご紹介していきたいと思います!

 

 

Only One Quality, The Finest

「品質はただひとつ、最高級だけ」

1772年にフランスのシャンパーニュ地方で創業を開始したシャンパーニュ・メゾン、ヴーヴ・クリコは「生きる芸術」そのものです。シャンパーニュ地方屈指の優れたブドウ生産地の中心に393ヘクタールのブドウ畑を持つヴーヴ・クリコは、「品質はただひとつ、最高級だけ」という信念を忠実に貫いてきました。大胆さと現代性を完璧に体現し革新を事業戦略の中心に掲げるとともに、創造性も創業時から大切にしています。

徹底した国際志向の企業であると同時に世界基準のシャンパーニュとしての地位を保つヴーヴ・クリコは、その普遍的な価値は世界中で評価されています。また、製品の品質向上と卓越性を絶えず追及しながら革新的な製品制作に取り組んでいます。

知ってる方も多いかと思います!

コンセプトカッコ良すぎないですが?笑

オレかオレ以外か的な!笑

味ももちろん最高級!

 

あの音速の貴公子セナが!!赤い皇帝シューマッハが!!勝者だけが知るこの味わい!!

【これがF1表彰台でレースの覇者たちが浴びる勝利の美酒!!

さらに【君の瞳に乾杯!!】映画『カサブランカ』で愛する二人がグラスを傾けたのはこのロマンチック・シャンパーニュ!!

世界100カ国が愛飲する伝統と格式ある超高級老舗シャンパーニュ!

『ゴーーール!!!!

あの黒と白のチェッカーフラッグが振られるのを時速300kmの世界から見るのはどんな快感なんでしょう!!

そんな選ばれし勝者だけが堪能できる人生最高の喜びを、ほんの少しだけ私たちも味わいことができます!! そう、この[マム・グラン・コルドンNV]さえ飲めば!!

あの世界最高峰のサーキットレース[F1グランプリ]の表彰台で、レースの勝者たちがシャンパンファイトに使用するシャンパーニュがこれです!! そうあの音速の貴公子セナも!!赤い皇帝シューマッハも!!この勝利の味に酔いしれたというわけなんです!!

さらにさらに!! あの不朽の名作映画【カサブランカ】で、主役のハンフリーボガードとイングリットバーグマンがこのシャンパーニュを片手に見つめ合い、ロマンチックにささやいたあの名セリフが『君の瞳に乾杯!!

ピノ・ノワールの力強さとシャルドネの高級感、さらにピノ・ムニエの果実味をバランス良く表現した素晴らしい味わい。キリリと高貴な辛口が心地よい、誰にでも愛される贅沢な味わいです!!

1875年の発売以来、世界100カ国で愛飲されており現在、モエ・エ・シャンドン、ヴーヴ・クリコに続く世界第3位の販売数を誇るシャンパン・ハウス!!

世界が認めた伝統と格式に裏付けされた確かな味わい!! 気分はシューマッハ!? それとも大切な恋人とあの名ゼリフでロマンチックなひとときを過ごしますか?!

F1で使われているシャンパン、実はこれなんです!

こうやって歴史や文化を知るとより美味しく優雅に楽しめますよね!

これはへぇーと言う方多いのではないでしょうか!

映画でも使われてるので映画好きな人は改めてみるとまた見る目かわるかも?

それにしてもF1お金かけてますねー笑

 

 

本場フランスで、「No.1シャンパーニュメゾン」に輝いたルイ・ロデレール。200年以上の歴史を持つ老舗ながら家族経営を貫き、品質のためには手間を惜しまないまさに「手仕事の芸術品」というべき、精巧なシャンパーニュを造り続けている稀有なメゾンです。そのルイ・ロデレールのスタイルを最もよく表しているのが、このスタンダード・キュヴェ、ブリュット・プルミエ。「プルミエ=No.1」というその名に、ルイ・ロデレールの自信が込められています。使用するブドウの自社畑比率は、一流メゾンにおいては異例なほど高く、丁寧に栽培、収穫されたブドウの美味しさが存分に生かされています。さらに長期熟成させたリザーヴワインが贅沢に加えられ、得も言われぬ複雑さと芳醇さを演出しています。「フレッシュさと熟成感」、「エレガンスと強さ」これらの相対する要素を見事に融和させた、バランスの良さが一番の魅力。そのリッチな味わいは、シャンパーニュの醍醐味であり食中酒としても楽しめる魅力をもっています。

これは飲食店をやってる友人へのお祝いで持っていいったらやつなんですが、過去1高かったです笑

2018年世界No.1のシャンパンで、たまたま高島屋で売っていて運良くギリ買えました笑

やはり良いものを見て飲んで学ぶと世界観変わりますよね!

 

 

ムタールは家族経営の小さなメゾンです。小さいながらクオリティの高さは、近年うなぎ昇りといっても過言ではないほど、まさに大注目のプティ・メゾン。それもそのはず、パリの三ツ星レストラン「タイユヴァン」の、あの「ジャン・クロード・ヴリナ氏」を認めさせたほど。

ムタールのテクニカルな面での最大の特徴は、「コールド・セッティング」方式を採用している点です。マスト(圧搾した果汁)を極低温に冷やすこの方式は、完成したシャンパーニュに大いに澄んだ風味と熟成能力を増幅することができます。但し、そのプロセスはとても高価につくために、つい最近までは「ビルカール・サルモン」、「ポールロジェ」などの潤沢な資金を持つ高級メゾンでしか採用されていませんでした。ムタールはこの贅沢な技術を採用することにより、オーブ地区の特徴である豊かなボディに「フィネス」を加えることに成功し、より完成度の高いシャンパーニュを産出しています。オーダーが入るごとにデゴルジュマンを行い出荷するという受注生産品。これも小さなメゾンならではの稀少な品。彼らのオフィシャル・テクニカルノートによると生産量は僅かに5,000本です。

いくら売れてもブレず僅か5000本を生産し続ける!

家族経営を貫く営業方針に脱帽です!

良いものはそれなりに時間をかけて向き合わないといけないですよね!

調べながらホント勉強になります!

 

 

絶好の畑で出来るぶどうから自分達でワインを造るという情熱をもった、モンターニュ・ド・ランス地区マイィ村の24の生産者が集まり1929年に設立されました。現在は、マイィ村に70haの格付け100%のグランクリュ畑を所有する協同組合です。(年間生産量50万本。貯蔵本数150万本。)マイィが他社と異なるのは、グランクリュと格付けされた畑のピノノワールとシャルドネの2種類だけから造ります。シャンパーニュ地域には324のクリュ(村)があり、そのうちグランクリュ(格付け100%)はわずか17だけです。モンターニュ・ド・ランス地区にあるマイィ村はその貴重な17のグランクリュのうちの一つです。

こだわりを感じますよねー!

そして厳しいのだなと!

やはりクオリティや価値はあげ続けていきたいものです!

いかがだったでしょうか!

今回お酒、しかもシャンパン!かなりコアな内容だったかと思いますが、少しでも楽しんでいただけたなら幸いです!

多分ここまで読んだ方は本当にありがたいファンの方だと思います笑

ご愛読ありがとうございました!

 

関連記事