Blog

天王町 相鉄線で食べ物が好きで食材にまでこだわる男の食通ブログその名も食べログ7

今回のテーマは肉です!


皆さん大好きですよね?ミート!

このブログを読めばあなたも食事がもっと楽しめます!

さっそくこちら!

黒毛和牛

 

そもそも、黒毛和牛ってなんぞやだと思いますが、実は品種の名前で、日本の和牛は血統によって決まっています!

国産牛に比べて、エサにこだわり、肉質もキメが細かく柔らかいです!

脂質も艶があり柔らかいです!

上質になればなるほど綺麗なサシ(霜降り)が入るのが特徴です!

牛肉のヒレ

 

人それぞれ好みはありますが、やはり人気が最も高いのはヒレ肉です!

またの名をフィレ肉ともいいます!

食べやすいため、老若男女に好まれています!

希少性から、どの部位よりも高値で販売されています!

一番人気の食べ方はステーキ!

赤身で柔らかいですが、上質な肉ほどサシが入ります!

焼肉やしゃぶしゃぶにも出来ますが、筋が少なく厚くても柔らかいため、ステーキもグッド!

ランプ

 

最近人気のランプ!

ランプってなんぞやだと思いますが、牛の腰からお尻の部分で、運動量が少ないため、赤身で柔らかいです!

モモ肉はウチモモ、ソトモモ、シンタマ、ランプ、イチボに分けられ、その中でも脂が少なく、柔らかいのがランプです!

食べ方はステーキがオススメです!

ステーキに出来る部位の中では、価格もリーズナブルなのがいいですね!  

ハラミ

 

ハラミもよく聞きますよね!

でも皆さん肉だと思ってますよね?

実はハラミは肉じゃないんです!

その正体は牛の横隔膜で、内臓に分類されます!

上質な牛はお肉のようにサシが入りますが、柔らかく程よい脂でかなり人気が高いです!

和牛のハラミは、希少価値が高く

、精肉店での取り扱いは非常に少ないです!

肉じゃないのに、価格は内臓肉の中ではタンに続いて高値になります

モモ肉

 

赤身肉のブロックで販売することが一番多いのがモモです!

ももも、上質になればなるほどサシが入ります!

粗めですが、切り方で柔らかく食べることが出来ます!

表面に脂が付いていますが、ほとんどの場合取り除いた状態で販売されています!

食べ方はローストビーフやタタキにするのがオススメです!

焼肉、すき焼き、ステーキにすることもあります!

価格もお手頃で、ご自宅で調理するときには切り方でお肉の硬さを調整しましょう!

 

まとめ

 

最後に健康面の話で、牛肉をカロリーで比較した場合、和牛より乳用牛、乳用牛より輸入牛の方が低い

部位で比較した場合、サーロインよりヒレ、ヒレよりモモの方が低いです!

味や硬さは関係なく赤身肉で見た場合は、輸入肉のモモがもっとも赤身です!

赤身肉はダイエットや美肌効果によく、筋トレや健康のための食品といえば、鶏のササミや胸肉です!

牛肉にはタンパク質が豊富に含まれており、人間の体内で生成できない必須アミノ酸も全て含まれています!

さらに、タンパク質の吸収に必要なビタミンB群や、血液の生成に重要な鉄分、性ホルモンの生成に必要な亜鉛など、栄養価も鶏肉に比べて非常に高いです!

赤身肉には体脂肪を燃焼させるために必要な、L-カルニチンが多く含まれています!

L-カルニチンとは体の中の脂肪をエネルギーに変えるときに必要な栄養素です!

これは鶏肉にはほとんど含まれていません!

つまり赤身肉を食べることで筋肉量が増え、代謝が上がり、消費カロリーが増えるので、痩せやすい体になっていきます!

なのでお肉を食べることでダイエットにも効果があると言えます!

あとはヘモグロビンの材料になるヘム鉄を多く含み、体内に酸素を運び、血行促進にもつながり、美肌効果もあります!

ただし注意が必要!

牛の品種や部位によって、カロリーがかなり違ってくるため、筋肉を作るためやダイエットを目的に牛肉を食べる時は気をつけてください!

和牛よりも輸入牛の方が、サーロインよりもヒレの方が、筋肉を作るのに適しています!

健康的に無理な食事制限をせず、牛肉を食べながら上手に筋トレやダイエットをしましょう!

牛肉の摂取量の目安

1日に摂取する量は約150gから200gが理想です!

1食でも3食でも大丈夫です!

豚肉や鶏肉にも、それぞれ豊富に含まれる栄養素があるので、バランスの良い食事が理想です

あと、個人ブログ始めました!

かなり美容師向きの内容ですが笑

カズブログ

 

関連記事