Blog

ボブの髪型悩む?内巻きと外ハネどっちがいい?特徴やオススメは?

こんにちわ!!
横浜 鶴ヶ峰 でお手入れが簡単な髪型を提供しているショート&ボブに特化した美容師
楽髪師の檜山直輝です。

今回はボブのお話です。

前まではボブ=内巻きというのがスタンダードだったんですが、

外ハネボブというのも市民権を得てきています。

今回は内巻きボブと外ハネボブの見え方の違いについて考えていこうと思います。

ボブの色々

内巻きボブの特徴

スタイルの持ちがいい
丸みがあるので女性らしい
輪郭をカバーしてくれる
お手入れ簡単で手入れがしやすい
長さで印象がかわる

外ハネボブの特徴

スタイルが軽やか
アイロンは必須
カジュアルからモードまで幅広く似合う
内巻きよりも大人っぽい印象に

内巻きボブの見え方!

内巻きボブの印象として
長さがとても関わってきます。

襟足ギリギリのミニボブであればキュートで可愛い雰囲気になりますし、

肩ギリギリの長めのボブであれば大人っぽい雰囲気のボブになります。

どちらにせよ、内巻きボブはとても正統派なスタイルになるので、

どんなシーンにも万能で、甘さがあるスタイルです。

顔型などにも左右されにくいので挑戦しやすいです。

外ハネボブの見え方!

外ハネボブは、正統派の内巻きに比べ、アクティブで、オシャレな印象を与えます。

軽やかなハネ感がアクセントとなるので、甘くなりすぎないので、

カッコイイ感じの印象に持っていく事もできます。

今っぽさも、外ハネボブの方があるので、内巻きに飽きた方や、パーマ程ではないけど、動きが欲しい方には

ピッタリですね。

外ハネと内巻き比較してみる

このように見てみると

見え方は全然違います。

内巻きはやはり丸みがある為全体的に可愛い印象になりますし、

外ハネは軽やかに動く毛先がオシャレな雰囲気な印象になりますね。

注意点

外ハネボブは結構軽くするため、アイロンでのスタイリングは必須になります。

アイロンを使わない方で外ハネにできる人は少ないですし、外ハネ用にカットしたら、アイロン使わない限り内巻きにするのは難しいです。

なので、アイロンを使うのが習慣にしてる方に外ハネがオススメです。

ナオキのオススメ

僕的には、内巻きボブも、外ハネボブも可愛いとおもうので、

ライフスタイルに合う方をオススメします。

外ハネボブが似合うから外ハネの髪型にしたけど、家でアイロン使わないから髪型ぐちゃぐちゃ!なんてなったら本末転倒です。

まずはライフスタイルに合わせていき、

そこから軽めの内巻きボブなのか

動きのある外ハネがいいのかなどなど似合わせできたらと思います。

まとめ

内巻きボブも外ハネボブもそれぞれの特徴に合わせて自分をどう見せたいかが選ぶポイント

その中でライフスタイル(アイロン使う使わない)を考えていかないと

特に外ハネボブは後から苦労する髪型になってしまう可能性もあることを加味しないといけないということになります。

是非とも自分に合うボブ選びの参考になればと思います。

 

 

Mereve(メリーヴ)Mereve.N(メリーブエヌ)

楽髪師 檜山直輝  ←個人ブログも発信中

天王町/西横浜/保土ヶ谷/鶴ヶ峰/二俣川/相鉄線/美容室/美容院/

関連記事