Blog

レディースピンパーマのゆるめって?無造作や外国人のような柔らかい質感へ!通常のパーマでは出ないニュアンスのワンカールが可愛い!直毛の方に特にオススメ

こんにちわ!!

横浜 鶴ヶ峰 でお手入れが簡単な髪型を提供しているショート&ボブに特化した美容師、檜山直輝です。

 

初めましての方は下記画像をクリック↓↓↓

さて、今回はショートにパーマの話

ショートにパーマいいですよね

今回オススメしたいのは、

グルグルかけるパーマではなく、ゆるくかけるピンパーマ!!

ん?なんかピンパーマって聞いたことあるけどピンパーマってなんだ??

って事で、ショート×ピンパーマの話をしていきます。

緩くナチュラルにかけるピンパーマとは?

ピンパーマとは、ロッドではなく指やピンに巻きつけて固定するパーマのことです。

ロッドで巻くスパイラルパーマと違い、短い長さで施すことができるだけでなく、根元から自然な動きにすることができるのが特徴的。

無造作ヘアや外国人風カールパーマなど、話題のヘアスタイルにアレンジできると今話題のパーマの一つ。

とのことです

どちらかと言うとメンズに使うパーマ技法なのですが、最近は女性にも使います。

ピンパーマの特徴と考え方は?

ナチュラルなニュアンス的なパーマをかけられるのがピンパーマの特徴で、

根元をふんわりすることもできるし、タイトにする事もできます。

何より短い髪の長さ(5cmくらい)でも十分パーマかけられます。

ただ、普通のロッドのパーマよりも、少しパーマの持ちが悪いというのがあるのでそこは注意が必要です。

僕はカットとパーマはリンクすると考えてます。

そこで、ボリュームの欲しいところ、逆に毛先を動かしたいところと分かれます。

僕はピンパーマよりもロッドの方が根元の立ち上げはしやすいと考えているので、

トップはロッド

ハチなどのボリュームが出やすいところはピンパーマ

襟足のニュアンスにピンパーマ

を基本にしています。

そうすることで欲しい所に必要なカールを作り出すことができます

女性のナチュラルピンパーマの実例

実際に見ていきましょう。

このように直毛のお客様に対してピンパーマはすごく有効で

セットが楽になったり髪が柔らかく見えるようになったりします

トップはふんわりさせる為にロッドを巻き込んでいきます

ハチ下は毛先の動きが大事なので根元まで巻かないピンパーマという構成になってます

仕上がりはこちら

はい!くせ毛風のセットしやすいピンパーマショートになりました

細かく巻いてるのですごく動きが出ると思いきやワンカールくらいの緩いパーマになってますよね

これがピンパーマの良いところでニュアンスのカールが作れるわけです

直毛の方はパーマをかけるとグリッとなり頭が大きくなりやすいですが

ピンパーマを駆使すればニュアンスパーマを再現できます

女性ピンパーマのデメリット

一応デメリットもお話していきます

デメリットは2つ

持ちが悪い

セット必須(朝濡らす&ワックス)

ということでしょうか

このパーマはニュアンスパーマなのでカール自体はゆるいものになります

なのでセットはしないとパーマをかけたのかな?という感じになってしまうので、朝濡らして、ワックス、オイルワックスなどをつけるのに抵抗ある方などはあまりお勧めできないです

しっかりケアしないとふつうのパーマよりも落ちるのは早いかなと思うのでしっかりケアもしたいとこです

まとめ

ピンパーマいかがだったでしょう?初めてみる方も居たかと思います

ピンパーマはやり方によってやりやすさは変わってくる繊細なパーマになります。

デメリットもお伝えはさせていただきましたがケアの方法、セットの方法はしっかりお伝えさせていただきますので

是非ともニュアンスでパーマが欲しい方はご相談くださいませ

 

ご相談がある方はこちらから直接ご連絡ください

 

Mereve.N(メリーブエヌ)

檜山直輝  ←個人ブログも発信中

天王町/西横浜/保土ヶ谷/鶴ヶ峰/二俣川/相鉄線/美容室/美容院/

 

関連記事