Blog

スマホの使い方や使用時間に気を付けることで身体への負担を減らしていこう

おはようございます!

Mereve.eclageスタイリストの朝田です!

最近テレビを見ていて気になることがあります!

それはスマホを使いすぎることで起こる症状についてです。

当社のメンバーもこのようにブログを書いたり

よくスマホを使っている場面を見るので

これを見てみんなにも少し気を付けてもらえたらいいなと思います!

 

ストレートネック

 

近年までは【肩こり】などと一緒に考えられていましたが、肩こりだけでなく

 

首こりや頭痛、眼精疲労、めまい、吐き気、そして時には顎関節症や側弯症などを引き起こす可能性があります。

 

ストレートネックは近年急激に増えており、その原因の1つがスマートフォンの使い過ぎと言われています。

 

スマホを持つ手は体の前方下方向にあるため、それを見るために自然と頭部は肩口よりも前に突き出ます。

 

頭が前に突き出ると頸椎の前弯カーブが損なわれ、頸部がストレートになります。

 

これがストレートネックです。

 

 

■頭の重さがダイレクトに首や肩周りへの負荷となります。

首のこりがある方は特にこのことが原因としてあげられます。

スマホ指

 

ここ数年「スマートフォンを使うようになったら指の形が変わった」「痛みを感じるようになった」などといった悩みも多くなっています。

 

特に指摘されているのが、小指の変形です。

スマートフォンを持つ場合には、小指の第2関節、あるいは、第1関節と第2関節の間の「腹」を支点とする人が多いそうです。

このように一点に負担が集中することが、変形の大きな原因になっているのではないかと考えられています。

 

★手のひらを広げた時に、力を入れない自然な状態で指の間に隙間ができていなければ大丈夫!

 

ちなみに私は小指の第二関節が変形して、他の指のように隙間なくつかないので、スマホ指になってます、、、

 

 

※ご自分の指は大丈夫か確認してみて下さいー!

 

スマホ老眼

 

特に最近よく耳にする人が多いと思います。

最近、20~30代の人達が「手元の文字が見づらい」「近くのものにピントが合わず、視界がぼやける」といった老眼と同様の症状で眼科やメガネ店を訪れるケースが急増しているそうです。

 

特に、スマホを長時間使用する層にこのような症状が多く見られることから「スマホ老眼」と呼ばれるようになってきました。

 

スマホを見るときは、どうしても目と画面の距離が近くなってしまいがちです。

 

■次のうち3つ以上当てはまる人はスマホ老眼予備軍かもしれません!

 

□スマホから目を離すと、周囲のものが見えにくい。□遠くを見たあと近くを見ると見えにくい。
□手元を見ていて遠くを見ると見えにくい。
□夕方になるとスマホの画面が見えにくくなる。
□眼がゴロゴすることがある。
□眼が乾きやすい。あるいは涙目になる。
□最近、首や肩の凝りがひどくなった気がする。

 

スマホ老眼の対処法

 

スマホ老眼を防ぐにはスマホを使わないことが一番ですが、デジタル社会に生きる私たちにとっては、なかなか難しいです、、、

 

目を守る為のポイント!!!

 

■スマホの画面を目から離す

 

・理想的なスマホの画面と目の距離は30〜40cm

長時間が使用する場合、画面から目を離すようにして少しでも負担を減らしましょう。

 

■スクロールはゆっくり

 

・スクロールの早い動きを見続けるのは、実は目にとってとても大きな負担になります。

スクロールをする時は“急がずゆっくり”を心がけましょう。

 

■スマホなどの画面の明るさを少し落とす

 

・画面の明るさを落とすことによりブルーライトを軽減することができるので、見えにくくない程度に調整しましょう。

 

■まばたきをする

 

意識的にまばたきをして目の表面の潤いを保ちましょう。まばたきはできるだけゆっくりするのがおすすめです。

 

■目の筋肉を鍛えるエクササイズをする

 

この中から同じ模様の物を探すエクササイズ!!

 

 

 

これをすることで、実際に視力が回復したとの効果も出ています!!

 

テレビでも今よく紹介されています(^^)

 

まとめ

 

スマホを使わない、、、ということはできないと思うので、使用する際に少しでもこのような状態にならないよう

姿勢を意識して使用したり、目を休ませる時間を作ることで、今日から少しでも自分にかかる負担を少なくしていきましょう!!

 

Mereve(メリーヴ),Mereve.N(メリーヴエヌ)eclage(エクラージュ)

朝田ゆかり

天王町/西横浜/保土ヶ谷/鶴ヶ峰/二俣川/相鉄線/美容室/美容院/ヘアサロン/訪問理美容

 

関連記事